LIFESTYLE DISEASE | 2017/11/24

実は簡単!?バランスよい食事を摂る方法とは?

LIFESTYLE DISEASE

「忙しくて健康に気を付けられない」「食生活のコントロールが難しい」そんな悩みはないでしょうか。

私たちが食べたものは口の中で細かくなった後、内臓に運ばれ、消化・分解され、エネルギーに変わったり、筋肉の材料になったり、脂肪として蓄えられたりします。当たり前のことですが、食べたもので身体が成り立っているのです。
 
食べ物はそれぞれ含まれる栄養素が異なっていて、上記のように身体にどのように働くかは、各栄養素によって役割があります。そのため、同じものばかり食べていると身体を作る材料が不足して、不具合が生じ、病気になってしまうのです。これが健康な身体であるために様々な食材を「バランスよく食べる」ことが大切な理由です。

バランスのよい食事とは

では、そもそもバランスのよい食事とは、どのような食事を指すのでしょうか。
1日に必要とされる栄養素をバランスよく摂るには、「一汁三菜」はわかりやすい考え方かと思います。
一汁三菜とは、ご飯類(主食)に汁物、おかず3品(主菜と副菜2品)がそろった食事のことです。これにはそれぞれに含まれる食材の栄養と身体への働きが関係しているので、下記の表にまとめてみました。
 

 
汁物は野菜、きのこなどを入れて、具だくさんにすると不足しがちな栄養素も無理なく補うことができます。また、一汁三菜に加えて、ビタミンが豊富な「果物」やカルシウムが補給できて腸内環境を整えてくれる「乳製品」(ヨーグルトや牛乳)も一日1回は摂るようこころがけたいところです。
 
とはいっても、一汁三菜を毎食揃えるのは忙しい毎日の中では難しいところ。ワンプレートや丼ものでも、上記の4つの要素が揃っているか確認するだけでもバランスのよい食事をとることができます。例えば、昼食に外食で鉄火丼を食べる際には、主食(ごはん)、主菜(マグロ)に加えて、副菜(小鉢のお浸し)、汁もの(味噌汁)をプラスする、うどんを食べる際にはざるうどんではなく肉うどんに小鉢をプラスするだけでも全体の食事のバランスはよくなります。
 
例えばもし朝食を単品(パンのみ、ご飯のみ)で済ませていたら、上記の一汁三菜の中からまずは一品、ゆで卵をプラスする、納豆をプラスするなど、食事をプラスしてみてはいかがでしょうか。