CHILDREN & BABIES | 2018/05/09

【幼児食】意識して食べたい!子どもに必要な栄養素④

CHILDREN & BABIES

子どもの脳の成長に必要な栄養素

子どもの脳を成長させるにはどんな栄養素が必要なのでしょうか。脳組織のほとんどが生まれてから1歳半くらいまでの間に出来上がります。その時に欠かせないのが脂質です。脂質は体の中でエネルギー源になる働きもしますが、体の細胞膜を作るなどの働きもしている重要な栄養素です。脂質の中でもDHA(Docosahexaenoic Acid=ドコサヘキサエン酸)はこの時期に特に重要で脳が成長するためには積極的に摂りたい栄養素になります。

魚に豊富に含まれているDHA!

DHAは体内で合成できないため食品からとる必要があります。サバやイワシなどの青魚の脂に含まれています。ウナギ、鮭、アジの開きなどにも豊富にも含まれています。
 
缶詰の使用もおすすめです。サバやイワシなどの水煮缶ですと、臭みも少なくやわらかく調理され、骨も気にならないので子どもでも食べやすく仕上がると思います。肉よりもやわらかいので、好んで食べる子もいます。

缶詰を利用した簡単レシピ

調理例としてはカレーに仕上げたり、マヨネーズと合わせてサラダに使ったりとさまざま。
 
ご飯との相性もよいので、炊き込みご飯にしたり、そぼろ丼やリゾットなどにすると子供も喜ぶメニューになります。缶汁にもDHAがたっぷり含まれているので捨てずに料理に使用しましょう。
 
同じように生の魚を調理する場合も煮汁を有効に食べられるとよいでしょう。鮭はシチューなどにすると煮汁もうまみとしてそのまま食べられ、野菜や牛乳なども食べられるので栄養バランスの良い食事となります。
 
脳の成長に欠かせないDHAを上手に調理してみましょう。