LIFESTYLE DISEASE | 2017/12/11

【女性必見】なんとかしたい!つらい冷え症!

LIFESTYLE DISEASE

「冷え」の原因はさまざま

運動不足によって代謝が下がり、血液の流れが悪くなったり、ダイエットによって筋肉が減ることで代謝が下がったり、その他ストレスによる自律神経の乱れも冷え性の原因の一つにもなります。
そのため冷え性の改善には様々な方法がありますが、今回は食事で少しでも冷え性を緩和、改善する方法を考えてみたいと思います。

良質なたんぱく質で代謝を維持、増進する

まずは代謝を促してくれる食事をきちんと摂ること。具体的な食材としては、熱を作る材料となる良質なたんぱく質を摂る必要があります。
 
【良質なたんぱく質】
 
鶏肉、豚肉、牛肉、魚類、卵、豆腐など
 
ダイエットで極端に食事量が少ないとこの材料さえ身体が不足してしまうため、冷え性も悪化する原因にもなります。

香辛料、薬味を活用

冷え対策といえば生姜、と耳にしたことのある方は多いかと思います。生姜に含まれる辛みの成分であるジンゲロン(ショウガオール)は血行をよくする働きがあるためです。
また、唐辛子の辛み成分のカプサイシンも血行をよくして、身体を温めてくれる働きがあります。例えば生姜をすりおろして普段のスープに加えたり、炒め物に唐辛子を加えたり、料理のアクセントにもなるので積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
その他冷たい飲み物や食べ物(アイスなど)を控えて温かい飲み物を積極的に取り入れて、常に身体を温めるようにすることもとても大切なことです。いつも外食で氷入りの飲み物を頼んでいたら氷なしにしてみる、ホットドリンクにするのも身体を冷やさないポイントです。
 
また、冷えは様々な原因が考えられるため、食事のみでは冷えの改善にも限界はあるかと思います。日々の小さな積み重ねですが、全く運動をしていなければウォーキングから始めてみる、湯船に浸かるようにするといったひと工夫も、是非実践してみてください。