LIFESTYLE DISEASE | 2017/11/30

風邪をひきにくくするための秘訣!〇〇を食べればよかった!

LIFESTYLE DISEASE

ウイルスに抵抗力のあるカラダづくりとは?

そろそろインフルエンザの予防接種を受けられている方も多いのではないでしょうか。
 
風邪をひかないための体調管理は、運動や睡眠、ストレスなど様々な要素が関係していますが、ウイルスに抵抗力のある身体作りには、食事も深い関係があります。

腸内環境を整えると、こんなにいいことが…!

腸は栄養の代謝と吸収を担っているだけでなく、腸内環境がアレルギーや疾病の予防にも関係していることが近年注目されています1。腸は免疫力を維持するのにとても重要な役割を果たしており、腸内環境は食事によって改善、維持が可能なのです。
 
具体的には、「発酵食品」が免疫細胞を活性化させたり、腸内細菌叢を維持したりという働きを持つことがわかってきています2
 
発酵食品はヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌、納豆に含まれる納豆菌、味噌や粕漬に含まれる麹菌など、私たちの身近な食品に多くみられます。下記を参考に、日々発酵食品を取り入れてみてはいかがでしょうか。
 

 
※1 Kalliomaki M et al:Probiotics during the first 7 years of life: A cumulative risk reduction of eczema in a randomized, placebo-controlled trial. J Allergy Clin Immunol. 2007;119:1019-21.
 
※2 Furusawa Y et al:Commensal microbe-derived butyrate induces the differentiation of colonic regulatory T cells. Nature. 2013; 504:446-50.