CHILDREN & BABIES | 2017/11/24

妊娠期に不足すると大変!鉄分の吸収率がUpする食事方法とは?!

CHILDREN & BABIES

おなかの中の赤ちゃんが成長するために

妊娠期に必要な栄養素は、積極的に摂っていきたいもの。
そのために、どのような栄養素が必要でその栄養素がどんな食材に含まれているのか?また、効果的な摂り方はあるのか?妊娠期のプレママが気になることを、ご紹介していきます。

鉄分不足は、めまいや疲れやすさの原因に……!

鉄分は主にヘモグロビンという形で血液中に存在し、酸素や栄養を体じゅうに運ぶのに大切重要な役割を担っています。妊娠期は、ヘモグロビンがおなかの赤ちゃんに優先的に送られるめ、お母さんは鉄分が不足しやすい状態になります。不足すると栄養や酸素が十分に行き渡らず、めまいや疲れやすさを引き起こしてしまいます。
 
鉄分は赤身の肉や魚、レバー、卵などの動物性食品と大豆製品や小松菜やほうれん草、ごまなどの植物性の食品に多く含まれています。

鉄分の吸収率をぐっと上げてくれるビタミンC

植物性の鉄分は吸収率が低いのですが、ビタミンCを合わせて摂ると吸収率が上がるので、食事の際にビタミンCを含む食材を一緒に食べるのがおすすめです。
ビタミンCを多く含む食材はじゃが芋、ピーマン、ブロッコリー、柑橘系の果物が挙げられます。
 
鉄分を多く含む食材を意識して食べることはもちろん、普段の食事に簡単なものを一品添えるだけで、より効果的に鉄分を摂取できます。
 
例えば、オムレツや目玉焼きなどの簡単な卵料理を添えたり、豆乳を飲んだり、小松菜やほうれん草の和え物を一品足したり、何にでもごまをかけてみたり……毎回の食事に少しずつ鉄分を多く含む食材を取り入れ、柑橘系の果物などを一品摂るなどとするのが手軽で分かりやすいでしょう。是非、試してみてくださいね。