LIFESTYLE DISEASE | 2018/01/11

カフェインはどの程度摂って大丈夫?

LIFESTYLE DISEASE

近年「カフェイン中毒」が問題視

近年海外ではカフェインの摂取量の上限が定められている国もありますが、国内においても2017年6月の日本経済新聞にて、「カフェイン中毒、5年で100人救急搬送、死亡3人」という記事が出ました。日本中毒学会による調査で、国内の救急医療機関38施設で2011~2015年度に救急搬送されて、カフェイン中毒と診断された人を集計したというもの。
 
搬送された101人のうち、97人は眠気防止薬を服用しており、エナジードリンクのみを飲んでいた人は4人であったとのこと。
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13H57_T10C17A6CR8000/?dg=1
 
 
 

カフェインの基準と目安は?

自分自身も朝と昼食後にコーヒーを一杯飲む習慣があって、コーヒーは欠かせないものになっていますが、果たしてどの程度カフェインは摂って大丈夫なのでしょうか。
 
カナダ保健省では、カフェインの摂取基準を成人は1日に最大で400gと設けています1)が、日本において基準は定められていないのが現状です。コーヒー1杯(200ml)には120mgのカフェインが含まれているので2)、カナダの基準でみると3杯までは日々飲んでも健康に悪影響はないことになります。
 
商品にもよりますが、カフェインがコーヒーの2倍含まれているエナジードリンクや3倍含まれている眠気防止薬を多量に摂取している場合。厚生労働省としては日々摂りすぎなければ問題ないとしていますが、まずはご自身がどの程度日々摂取しているかを把握して、特にエナジードリンクや眠気防止薬を使用している方は摂取しすぎに注意することが大切かと思います。
 
1) 厚生労働省 「食品中のカフェイン」ファクトシート
2) 日本食品標準成分表2015年版(七訂)