MEDICAL ADVICE | 2018/01/03

風邪の季節!毎日の食事で摂るべきものと引きはじめにオススメのものはコレだ!

MEDICAL ADVICE

ビタミンCを摂れば風邪を引かないってホント?

カラダのコンディションを整えるのに大事なビタミン。ビタミンCを摂ったら風邪を引かないと思われがちですが、ビタミンCを摂っていても「風邪の予防にはならない」のだとか。ビタミンCの働きはむしろ風邪を引いたときにあり「ビタミンCを摂っていると風邪を引いている期間が短く済む」ことが報告されています。
 
(参照: Hemilä H, Chalker E. Vitamin C for preventing and treating the common cold. Cochrane Database Syst Rev. 2013 Jan 31;1:CD000980.)

毎日の食事で摂っておくべきモノとは!?

このビタミンC、残念ながら私達のカラダから作り出すことは出来ません。また、具合が悪くなってからビタミンCを摂っても風邪の重症度や風邪を引いている期間に違いはないようで、必要量を毎日の食事で摂取することが大切になってきます。
 
グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類はもちろん、イチゴやキウイフルーツの果物類、カリフラワーやほうれん草にもたくさん含まれています。ぜひ毎日の食事に取り入れてみてください。

風邪の引きはじめには、コレ!

病院に行くほどではないけど、なんだか体調崩したみたい、ということもありますよね。そんなときは身近にある食材を上手に取り入れてみましょう。例えば生姜。東洋医学では生姜と書いて「ショウキョウ」と読み、胃腸薬やかぜ薬の漢方として使われています。生姜に含まれている生姜由来ポリフェノールは体温の低下を抑える効果があると言われています。
 
また同じようにシナモン。生薬では“桂皮“と呼ばれ、こちらもカラダを温める作用を持っています。はちみつ入り生姜湯にシナモンを加えて、などいかがでしょうか。ゆっくりカラダを温め、休んでくださいね。